7月3連休、日曜日から京都へ出張、そのため、土曜日の午前中のみ釣行しました。

20190713_2
唯一釣れている宇佐市の立石の池へ

20190713_3
雨が強くなる前に、

20190713_1
新たにカヤで製作したType-D改、初めて使用するので、重曹で磨きます。
昔はタバコの灰で磨いていた方もいましたが、タバコを吸う人も減り、今は重曹が重宝です。

20190713_4
自分で改造した融合竿、穂持ちの3分の2はカーボン、3分の1は高野竹です。
高野竹は、佐賀のナカムラ屋釣具店さんで購入したものを使用しました。
20190713_6
竿:竹竿「楽集」11尺を融合竿に改造
ウキ:尽心作 Type-D改 4.5番
ミチイト:ザイト白の糸1.0号
ハリス:0.5号 28cm、35cm
ハリ:角マルチ5号
エサ:ベーシック  グルダンゴ1杯+ベーシック1杯+オールマイティ2杯、水1杯
20190713_5
両ダンゴではなかなか厳しい状況、トロ巻きのチェンジ
20190713_7
結局3時間で、両ダンゴで5枚、トロ巻きで7枚でした。


2019年7月6日、管理させていただいているT池へ、

20190706_1
釣友のY氏が2番釣台、私が3番釣台

20190706_2
激シブを予想して、厳寒期仕様のウドンセットで、

20190706_3
水色も良く、モジリもあるのにノーサワリ、全くアタリません。

20190707_2
翌日はウドン屋の池へ、

20190707_1
ニゴリは入っていますが、何とか釣れました。
大分県杵築市の野池群はどこも不調です。
特に雨の後はそれが顕著です。

東京のK.I.さんは、私のウキを使ってくれています。

19046_1

19046_2

19046_3

Type-I3はボディ5.0mm径ですが、6月ですのでボディ5.5mm径にアレンジ。
脚をブルーにしたのは、冷静さを保つためとのこと。
椎の木湖に向けて、また製作します。

20190630_1

週末はまた差しベラを釣りにうどん屋の池へ。
大分県もやっと梅雨入りし、雨が結構降っているため、濁りが入っています。
20190630_2

やはり釣れません。いくら魚影が濃いといっても、野池は野池。
土日で合計20枚、なんとか拾い、移流しました。

↑このページのトップヘ