前回のブログで、管理させていただいている大分県杵築市T池が、
豪雨の影響で、堰堤の中程まで、泥が被っているのをご紹介いたしました。

この池は2段池で、上の池で水を一旦受けるので、これほど濁りが入るのは本当に珍しいことと考えていました。

この謎がとけました。
2段池の上の池である「中ノ池」の堰堤が決壊したのが原因でした。

20200810_1
(2020年7月15日、大分合同新聞より転載)

友人のIさんによると、「7月上旬から、鉛色の変なにごりが入っていたのは、前兆だったのかな?」と、へら鮒は流されてしまったかもしれません。

令和2年(2020年)7月九州豪雨、ご心配のメールやお電話を頂戴し、ありがとうございます。
お蔭様で、大分県別府市では、今のところ大きな被害は出ておりません。
管理させていただいているT池について、かなり濁っております。

20200711_6
釣り台が水没しています。

20200711_5
2段池ですので、ここまで濁ったのを見たのは、初めてです。

20200711_4
おそらく、農家の方がオーバーフローの樹木を撤去されたと思われます。

20200711_3
池の中央には、漂流物があり、これがカワウ除けの糸を切断してしまっています。

20200711_2

20200711_1
また、糸を張らねばなりません。

Type-C3、PCムクトップ、カーボン脚です。
ボディの中に何mm入れるか、悩んでおります。
20200614_2
解剖した画像です。
20200614_1
入れすぎると、浮力を損ないます。
逆に少ないと強度が足りず、破損が増えます。
また、トップ側はどれ位いれるかで、ウキが馴染みこむスピードを調整できる可能性もありそうです。
まだまだ、研究課題はありそうです。

↑このページのトップヘ