栃木県の鈴木則之さんは、私のウキを使ってくださっています。

91VGn1qMSQL._AC_UL320_ML1_
ボーバー2019/Vol.092の「いま、この人が釣る!!」に鈴木さんが登場。

20190914
私のウキも紹介していただいています。
僭越ながら、説明文を転載させていただきます。
「作りがキレイなのは当たり前。高精度のまま、同じものを作ることができる。浮力にバラツキがないから、ウキのサイズを上げたときに、ちゃんと浮力もアップしてくれる。作者は、大分県別府市在住の北村滋朗氏。有効断面積に応じた浮力で仕上がってくるのには感心させられる。ウキのボディーには和柄が描かれており見た目も楽しい。」

ありがとうございました。

大分県杵築市のT池、復調の兆しが見えてきました。

20190908_2
9月7日は2番釣台、9月8日は3番釣台に入釣しました。

20190908_1
9月8日は、噂を聞きつけ6人が入釣。
20190908_3
9月7日は、2人でしたので、私が8枚

20190908_4
9月8日は、6人でパンク状態、それでも何とか4枚拾うことができました。

ダイワへらマスターズは、相性が良いのか、2回戦に進める確率が高い予選会です。
2019年も2018年と同様、秋の入学式の翌日であることから、出場を断念しました。
釣友のY氏から、「東レの大会に出場がてら、関西に遠征しては?」というお誘いがあり、行ってきました。

20190823_2















8月22日の夜に、関西汽船のフェリーで別府を出発、8月23日は天神釣り池さんに釣行。
20190823_1
平日で空いているので、中型が良く釣れました。
20190824_2
8月24日は東レの大会に出場。
20190824_1
最初は全くアタリません。結果は散々。優勝はカッツケうどんセット。ウキ、エサ等、興味深々です。
20190825_2
最終日は、和歌山県の菊水釣り堀センターさんにお邪魔。
20190825_1
釣友のY氏を含め、皆さん大型狙いの中、前日のカッツケうどんセットをやってしまいました。
大分でも試してみようと思います。

↑このページのトップヘ