東京のK.I.さんは、私のウキを使ってくれています。

19046_1

19046_2

19046_3

Type-I3はボディ5.0mm径ですが、6月ですのでボディ5.5mm径にアレンジ。
脚をブルーにしたのは、冷静さを保つためとのこと。
椎の木湖に向けて、また製作します。

20190630_1

週末はまた差しベラを釣りにうどん屋の池へ。
大分県もやっと梅雨入りし、雨が結構降っているため、濁りが入っています。
20190630_2

やはり釣れません。いくら魚影が濃いといっても、野池は野池。
土日で合計20枚、なんとか拾い、移流しました。

6月23日(日)、再び差しベラを釣りに、杵築市狩宿にある通称「うどん屋の池」へ
20190623_1














カワウは居ません。
20190623_2














草刈り機で、草を刈っておきます。
20190623_3














竿:シマノ一天11尺
ウキ:尽心作 Type-B Light 6番
ミチイト:ザイト白の糸1.0号
ハリス:0.5号 23cm、30cm
ハリ:角マルチ5号
エサ:ベーシックマッシュ2杯+マルキュー1:1マッシュ0.5杯、水2杯
20190623_4














バッチベラがしっかりハリを咥えてきます。
杵築市の野池群は、不調です。
特に、エサを開かせるブルーギルやクチボソ、バッチベラがいない池が不調です。
逆に上記のジャミがいる、宇佐市の立石の池、轟の上の池は、まだ釣れている状況です。









大分県は、6月が田植えのシーズンです。

20190622_2














6月22日現在、梅雨入りしておらず、雨がほとんど降っていません。
20190622_1
好調な宇佐市の立石の池へ
20190622_3
田植えのため、減水しています。
20190622_4
竿:竹竿「楽集」11尺を融合竿に改造(穂持の3分の2がカーボン、3分の1が高野竹)
ウキ:尽心作 Type-D改 4.5番
ミチイト:ザイト白の糸1.0号
ハリス:0.5号 28cm、35cm
ハリ:角マルチ5号
エサ:ベーシック グルダンゴ2杯+オールマイティ2杯、水1杯
渋いと思い、軽めで開くエサで。
20190622_5
エサ慣れしたヘラブナが多いです。
20190622_6
午後はトロ巻きも試しましたが、両ダンゴの方が良かったです。
尺前後を5時間半で27枚(両ダンゴ21枚、トロ巻き6枚)でした。 
他の池が不調ですので、大満足です。

↑このページのトップヘ