2011年02月

イメージ 1
へら専科さんの連載で、「流れ川用のウキ」に関する記事を書こうと思案中です。

3枚合わせに続き、4枚合わせを絞ってみました。

合致する成形器がないので、手絞りになりますが、2枚合わせよりも楽です。

今回はグラスソリッドトップを装着予定です。

イメージ 1
画像は、木工用旋盤に2枚合わせのヘラウキをかませ、最大速で回転させているものです。

センターがきっちりでていれば、このようにブレません。

2枚合わせの場合は、比較的センターが出しやすいのですが、1本取りはどうしてもブレがでます。

まだまだ修行が足りません。

イメージ 1
へら専科さんで、連載を書かせていただいております。

今後の予定としては、チョーチン両ダンゴ用のウキ、カッツケウキ、ペレ宙用のウキを予定しております。

ふと、やはり流れ川用のウキについても、触れねばと思い、久し振りに3枚合わせを絞ってみました。

合致する成形器がなかったので、結構時間がかかりましたが、なんとか形になりました。

来週は、4枚合わせに挑戦予定です。

イメージ 1
1週間の入試出張が終了し、2月5日、6日はT池へ

日差しが温かく、6日は無風でしたので、普天元大我19尺で沖宙セットを。

後ろで「カサカサ」と音がするので振り返るとメジロがいました。

へらも沖目で「モコッ」、「モコッ」と浅いモジリを繰り返しています。

春はもうすぐです。

↑このページのトップヘ