2012年05月

イメージ 1
大分県杵築市のT池。

ゴールデンウィーク終了後から、宙釣りが不調です。

1枚かけると、へら鮒が全くいなくなり、アタリが途切れます。

ペレ底であれば、型は小さいながらも釣れますが、1枚かけるとアタリが途切れることもあります。

岸際には、中型のバスがスクール状態。

かけたへら鮒を追ってくることもあります。

バス釣り人のゴミ問題だけでなく、水の中でも・・・・

愛用している Air Tex社のコンプレッサーの出力が上がらず、お世話になっている 「おもちゃのまつや」さんへ

吸気口の所にウレタンのカスがつまっていました。

店長から、「北村さんの肺もこうなってるんじゃないの。気をつけて」と。

「エンジンウレタンをエアブラシで吹く。」というバカなことをやっているからでしょう。

孔雀の羽根の削りカスも体によくありません。

最近、時々、胸が痛みます。

たぶん長生きはしないでしょう。

イメージ 1
大分県杵築市のT池、ゴールデンウィーク中も順調に釣れています。

バスが増えたせいか、バスマンの方も多数来られます。

画像のようなルアーの空き箱、弁当がら、クラッシした糸が、捨てられています。

「釣るな!」とは言いません。同じ釣り人同士、マナーは守って欲しいものです。

イメージ 1
弁当がらが散乱しています。

イメージ 1
ゴルーデンウィーク中には、画像のような40近いヘラも釣れました。

↑このページのトップヘ