2012年10月

イメージ 1
大分県杵築市轟の池、移流にご協力いただきまして、ありがとうございます。

10月27日は、Y氏、地元のK氏の3人で30枚。

10月28日は、A氏、I氏の3人で30枚、T池への移流は610枚になりました。画像はT池、移流の影響か、活発にエサを追います。

轟の池は11月から、オーバーフロー部からポンプアップを行い、一気に水を抜くそうで、11月3日、4日頃には水が無くなる見込みです。

2013年3月15日までの工期で、城山建設さんが担当するとのこと。

九州大龍会の方々からもご協力のお電話を頂きました。
本当にありがとうございます。

水たまりに残ったヘラブナを回収できればよいのですが。

続く。

イメージ 1
大分県杵築市轟の池、以前より道路幅拡張のため、干すといわれていましたが、今年とうとう干すそうです。

6寸~8寸のへら鮒が、1mの両ダンゴ釣りでおもしろいように釣れます。

10月13日(土)は1人で70枚、10月14日は3人で150枚、10月21日は2人で100枚、T池に移流しました。(累計で450枚)

このままの減水状況では、11月中旬頃干上がる見込みです。

大分県のヘラ師の皆様、へら鮒の救出にご協力をお願いいたします。

トップの塗りについて、ご質問を頂戴しました。

良い機会ですので、整理してみたいと思っております。

私もトップの塗りについては試行錯誤状態で、ご質問いただいた「黒帯を先に塗るか、後に塗るか」について、現在も両方を比較しているところです。

1.黒帯を先に塗る。

(1)長所

・蛍光塗料を塗りやすい。

(2)短所

・蛍光塗料と黒帯の間に段ができる。

・蛍光塗料が黒帯の上に重なった場合には、黒帯を2度塗りする必要がある。

2.黒帯を後にぬる。

(1)長所

・蛍光塗料が黒帯の上に重なるので、黒帯を2度塗りする必要がない。(ただし、塗りムラがある場合には、もう1度塗る必要がある。)

・蛍光塗料と黒帯の間に段はできにくい。

(2)短所

・蛍光塗料を塗りぬくい。→カラーの順序を間違えることがある。

といったところかと思います。

私自身も現在のところ、どちらがいいと断言できない状態です。

イメージ 1
毎年10月から、T池への移流を行っています。

昨年は1,000枚、今年は2,000枚を目標に頑張ります。

10月7日(日)、以前より約束していた仲間と移流例会を実施。

結果は4人でわずか20枚、前日は地元のKさんと2人で60枚でしたのに。

九州大龍会は日程が重なり、参加できず申し訳ありませんでした。

Y池、4人だとパンクしてしまうのでしょうか。

イメージ 1
地元のSさんが体調を崩しており、代わりにT池の草刈りを実行。

汗をかいたので、杵築市の塩浜温泉へ。

大分県は温泉で有名で、私の住む別府市は、温泉湧出量は日本1位、自宅マンションの2階にも共同温泉があるほどです。

昼食は、元禄うどんさん。満員です。タコ天丼定食

これがまたウマイ。

今日、10月6日はシマノジャパンカップ本戦、栃木のSさん、滋賀のNさん、陰ながら応援しております。

↑このページのトップヘ