2014年10月

トーナメントの予選も全て終了し、10月に入るとT池への移流シーズンが開幕いたします。

下記の画像は、大分県杵築市と国東市の境にある山奥の天堤の池、堰堤部分が道路になっています。

イメージ 1


さすがに、ここまで山奥になると、ブラックバスは移流されていません。

マッシュの釣り、2時間余りエサ打ちし、やっとウキが動き出しました。

ウキが動き出してからは、7寸クラスが入れ食いで、約1時間ちょっとで30枚の釣果です。

T池への移流枚数は、10月26日(日)現在、205枚tなりました。

2014年10月25日、大分県杵築市太田村どぶろくの里の池
釣り人:自身
ウキ:尽心作Type-HFの7番、羽根1本取り5.5mm径、
竹脚、ポリカーボ細テーパートップ110mm、オモリ負荷量1.04g
竿:シマノ閃光XX13尺
ハリ:上下ダンゴマスター6号
ミチイト0.8号
ハリス0.4号28cmと35cm
エサ:1:1粉末マッシュ:1、グルテン四季:0.5:水1.5


↑このページのトップヘ