イメージ 1


2015年12月30日(水)、T池へ納竿釣行。15尺メーターウドンセッ釣りです。

暖冬のせいか、浅ダナでも良くウキが動きます。

イメージ 2


今年もいろいろありました。

孔雀の羽根の入荷困難に伴い、久しぶりにカヤウキを作り始めました。

カヤと羽根で素材の優劣はありません。状況により、素材選択すべきと考えています。

ダイワへらマスターズ関西予選で1回戦は抜けましたが、2回戦空ツンが消せず、悔しかったです。

T池への放流事業は、717枚でストップ。2015年はこれで区切りとしたいと思います。

大分県杵築市の各池の状況は、

T池:今冬は、日によりますが、15尺、16尺の底釣りでも釣れるほど好調です。

鴨川地区山ノ神池:杵築で外来魚のいない珍しい池ですが、カワウが昨年から居ついており、釣れなくなりました。

ポケットパークの池:標高が高いため、厳しくなりました。

横岳公園の池:魚影はすこぶる濃いです。

横岳公園幽霊屋敷の池:マブナが多いですが、好調に釣れているようです。

太田村庁舎の池:ここもカワウが入り、ほとんど釣れなくなりました。

杵築市の各池にへら鮒が居るのは、RIMO氏のお蔭です。

皆様、良いお年をお迎えください。