イメージ 1
本日からやっとお盆休み。
いつものように、大分県杵築市のT池、ここの堰堤の右サイドは足元から急に深くなっていて、7尺か8尺であればチョーチン釣りが可能です。

ウキは尽心作Type-D3(短竿チョーチン用)、PCムクトップ1mmを装着したタイプを使用。

エサ落ち目盛は、ハリなしの状態で、トップ付け根で決めます。
こうすると、トップ付け根できれいにウキが立ち上がります。

また、チョーチン両ダンゴでは、ハリの大きさでエサのもたせ加減をコントロールしますので、この方法だと、いちいちエサ落ち目盛を変更する必要がありません。(ハリを付けた位置がエサ落ち目盛)

トップ付け根からの早いアタリを追うことも可能です。

しかしながら、1時間打ってもアタリなし。
浅ダナに変更したら、2投目でアタリ。

チョーチン釣りは大好きなのですが、大分県別府市近郊では、本当にやれるところが少ないのが残念です。